関連情報


  • 「イマサキ」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

1421年?の割れ目噴火時に海岸付近で形成されたスコリア丘、タフリングです。

▲海岸の急崖地にはマグマ水蒸気爆発による堆積物がみられます。

▲火山灰やスコリアの層に、いろいろな大きさの噴石が埋まっていて、激しい噴火の様子がわかります。

  • 「ダイビングスポットにも噴火パワー(トウシキ海岸)」(伊豆大島ジオパーク(外周編)パンフレット/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

波に削られて切り立った壁では、噴火で飛んできたたくさんの岩が、地面にめり込んだ様子が観察できます。ダイバーに人気のこの海岸の景色は、過去の激しい噴火がつくりました。

 

交通


大島バス
波浮港ライン「差木地南口」停下車、徒歩15分。
「元町港」停~「差木地南口」停間の所用時間は、おおむね25分、岡田港からの場合は元町港で乗り換え、岡田港~元町港間の所要時間は、おおむね20分。
問い合わせ:04992-2-5522

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.