秋の浜でのダイビングをたっぷり楽しんだ翌日、台風接近でまさかのダイビング中止です。写真は、波の強さに絶望するダイビング部。

しかし、ここで「山」という選択肢があるのが大島の素敵なところ。急遽、行先を海から三原山に変更です。

突然の山登りにとまどうダイビング部を、「溶岩サービス」が迎えてくれました。なんて大盤振る舞い!

いざ歩き始めてみると、本当に本当に「火山」でした。これはすごい。めっちゃ火山です。

慣れない山登りに息を切らすダイビング部員への、応援メッセージを発見。がんばります。

がんばった結果、山頂でゴジラに出会いました。

さらに、1986年の噴火で溶岩がぎりぎりのところで迂回してくれたおかげで残ったという神社がありました。こういう話を聞くと、神様の存在を信じてみたくなります。

そして火口に到着!大きい。そして、「この火口の形に出会えるのは、次の噴火まで」とのこと。浪漫を感じます。

というわけで、「山に登ったダイビング部」、三原山をすっかり満喫いたしました。ガイドの高山さん、本当にありがとうございました!

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。