トンカットアリは、ニガキ科ユーリコマ属に属する低木(およそ2、3m以下の木)で、東南アジア地方のインドネシアやマレーシア、ボルネオなどのジャングルの山奥に生えている薬用植物(ハーブ)です。葉・樹皮・根等は苦みがあり、一般的にハーブとして使用されるのは根っこの部分です。

滋養強壮や精力増強に効果があるとされ、別名マレーシア人参とも呼ばれています。

トンカットアリという名前は、現地の言葉で「アリ(人名)のステッキ」という意味で、日本ではあまり知られていませんが、現地では男性の媚薬、及び強壮剤として古くから伝統的民間薬として親しまれています。

成長の速度が非常にゆっくりで、幹の直径が15cmほどになるのにおよそ約10年かかるようです。さらに入手や栽培も非常に難しいため、国内で見かけるのは大抵、粉末状かサプリメントなどに加工された形になっており、全て天然物になっています。

近年では、シアリス 通販男性向けサプリメントの精力剤(男性用活力サプリメント)や不妊改善サプリメントなどに配合され、人気の成分になっています。

どのような効果があるの?

トンカットアリは成分的にはマカと似ています。

トンカットアリの代表的な効果としては、アルギニンやサポニン、ユーリペプチド、アルカロイドなどの成分によるテストステロンの分泌を促すというものがあります。

テストステロンとは男性ホルモンの事で、肉体的、精神的な疲労を抑えたり、スタミナのアップ効果が期待される成分です。また、男性機能や性欲を高める働きもあり、これによる男性不妊の改善も期待できます。

さらには、精子の働きを活性化させたり、血流改善効果と体調の改善による勃起力の改善効果もあると言われています。
他には、アルギニンの吸収を助けるビタミンB6、精子の原料になる亜鉛なども豊富に含まれています。

様々な成分の影響による体内のホルモンバランスの改善効果もあるようです。またガンへの効果もあるといわれています。

原産地、マレーシアの大学の研究結果によるとマウスを使った実験で、トンカットアリを摂取したマウスは精子量が増え、ペニスの勃起力が向上、そして交尾の回数が圧倒的に多くなったとの結果があります。

人間での臨床試験でも、威哥王トンカットアリを3週間連続して摂取した男性30人の内、8割近くの人がテストステロンの量が増加し、性機能の向上が見られたという結果もあります。

と、ここまでは男性向けの効果でしたが、実はこのトンカットアリは女性にも良い効果が期待できます。ホルモンバランスの正常化によるストレスの解消や更年期障害の予防、血流改善効果による冷え性の改善、抗酸化作用による動脈硬化の予防などです。

この様に女性にもうれしい効果が期待できます。もちろん男性にもこれらは有効です。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。