1777年の安永の大噴火で出来た剣ガ峰749m、1950年の三原新山誕生までは最高峰を維持していました。北西側にB火口跡とB溶岩流、剣ガ峰山腹斜面に4個の火口とB溶岩流、北東から南東にかけて裏砂漠、櫛形山、白石山の雄大な山並みが望めます。北西に伊豆半島、富士山が聳えています。ここの尾根は常に強風が吹いています。

 

剣ガ峰

剣ヶ峰の水蒸気

尾根道

 

関連情報


  • 「剣ガ峰-火口展望」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

剣ガ峰は三原山火口縁東側の高峰です。南側に三原新山と火孔、北側にB火口、北東側に1986年B溶岩流、裏砂漠、東側に櫛形山など広大な風景を望むことができます。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.