それは想定外の事でした。565年振りに割れ目噴火が目の前で現実に起きたのです。山頂口展望台からカルデラを望めば、安永の大噴火で出来た傾らかな丘の奥に見える黒い山肌が、26年前のB火口列噴火の跡です。内輪山左端、噴煙(水蒸気)たなびく剣ガ峰の裏側にも4つの大きな噴火口と溶岩の流れ出た跡があります。1986年の噴火は、11月15日に三原山山頂火口Aから噴火を始め、21日夕方に割れ目噴火Bが発生し、その後、外輪山山腹でも割れ目噴火Cが起きました。B火口列の噴火口は8つ、高さ1500m以上の火柱を吹き上げ、噴煙は16000mにも達しました。噴火をしつつ長さ約1100mに伸びた割れ目から大量の溶岩を吹き出しました。お鉢めぐりでは剣ガ峰右裾のB2火口を間近に見ることができます。

 

関連情報


  • 「B火口列」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

1986年11月21日のカルデラ床割れ目噴火によってできた火口列は、南東から北西の向きに約1kmに渡って8つの火口があります。

火口には南側から番号が付けられており、写真はB2火口です。割れ目から噴出して落下した火山弾やスコリアが堆積しています。

火口の底の方には噴火前の古い地層もみえます。

  • 「割れ目噴火口」(iアプリ「伊豆大島ジオパークガイド」/大島観光協会)

一直線に割れ目から噴き出した。

ざっくりとするどいナイフでえぐったような横に長い穴が、丘の端に刻まれています。

1986年11月21日の突如一直線の割れ目の噴火が起こりました。その跡です。

なぜこのような直線状の噴火が起こったのでしょう? それは、大島全体が常時、南東と北西からプレートの大きな力によってぎゅっと押され続け、横長のヒビが入るように、この方向に沿って1キロにも及ぶ割れ目が生じたからです。次々に溶岩が噴き出し、噴火の高さは1500m、噴煙は16000mの高さにも及びました。噴火口の脇のもっこり盛り上がった丘は、割れ目から吹きあがった溶岩のしぶきなどが降り積もったものです。噴火当時の迫力を感じられます。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.