江戸末期から昭和までの風情が残る界隈。網元だった甚の丸邸まで辿り着くには、港から急な坂道を登る。 幸田露伴などの文学碑を見ながら、息を切らして石畳み。 小さな波浮港がものすごく栄えたのを感じる街並。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.