シアリスを飲んではいけない人


シアリスは大手製薬会社のイーライリリー社が開発した安全な勃起不全治療剤です。アメリカや日本をはじめ、さまざまな国の機関がシアリスの安全性を検証して認可しています。
それでも非常に効果が強いお薬ですから、威哥王持病や普段使用している薬の関係などで、シアリスを飲めないという方もいます。
病院でシアリスを処方してもらう際には医師に必ずチェックされる項目ですが、個人輸入などで購入する場合は自分でチェックするしかありません。シアリスの説明書から引用しながら説明するので、しっかり読んで自分がシアリスを安全に使えるかどうか確認しましょう。

絶対に使用してはいけない人

・過去にシアリス錠に含まれる成分で過敏な反応を経験したことがある人
シアリスとシアリスのジェネリック薬では、主成分は同じタダラフィルですが、その他の成分(コーティングや添加物)に違いがあります。通常は薬の添加物にアレルギー反応が出るものを使うことはありませんが、異常がある場合は念のため医師に相談したほうがいいでしょう。
・ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなどの硝酸剤等を使用している人
シアリス 通販の有効成分であるシルデナフィルはもともと高血圧の治療薬として開発された経緯があります。シアリスの有効成分のタダラフィルも同じ系統の成分なので、血圧を下げる効果があります。上記のお薬と併用すると血圧が下がりすぎてしまい最悪死亡することもあります。
・心臓に障害があるなど性行為が不適当と考えられる人
性行為はもともと体に負担がかかるものです。医師に止められている場合は無理に服用しないでください。
・不安定狭心症の人または性交中に狭心症をおこしたことがある人
血圧を下げたり血流が活発になったりという作用があるお薬です。狭心症の方の服用は危険なのでNGです。
・安定していない不整脈の人、低血圧の人または安定していない高血圧の人
NGの血圧は【低血圧(血圧<90/50mmHg)又はコントロール不良の高血圧(安静時血圧>170/100mmHg)】です。
・最近3カ月以内に心筋梗塞をおこしたことがある人
・最近6カ月以内に脳梗塞・脳出血をおこしたことがある人
血流が活発になるので、血管が弱い場合や、心臓に不安がある場合は服用できません
・肝臓に重い障害がある人
有効成分のタダラフィルは肝臓で代謝されます。重い障害がある方はNGです。それでも服用したい方は医師にご相談ください。
・網膜色素変性症の人
網膜色素変性症という病気は遺伝性の病気で、有効な治療法がない病気です。この病気はPDE-6関連の異常がある場合があります。シアリスの主成分のタダラフィルにはPDE-5を阻害する効果がありますが、実はPDE-6の効果もわずかながら阻害する事が確認されています。ただしPDE-6を阻害する作用はバイアグラの70分の1程度なのであまり影響はなさそうですが、治療法が確立されていないので一応NGということになっています。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。