関連情報


  • 「山頂付近の湯気」(iアプリ「伊豆大島ジオパークガイド」/大島観光協会)

マグマが生み出した白い湯気を浴びる。

三原山頂付近のコースを歩いていると、溶岩の割れ目から白い湯気が噴き出しています。初めて訪れた方は「わっ、危ない、噴火するのでないか」とびっくりされるかもしれません。

でもご安心を。火山には噴火の周期があり、現在の三原山は安定期で大丈夫です。この湯気は、地下にしみ込んだ雨が、地下にある1000度もの高熱の溶けた岩に触れて熱せられたものが、湯気となって出てきたもの。三原山の内側が、いまなお生き続けていることを感じられる光景です。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.