「島人だからさあ!」という言い方がある。


島人は高校生たちはシマジンと読む。大人たちはシマビトと読む。「いや、島人っていわないなあ、島のもんとかそういう言い方だよ」という人もいる。

例えば、東京の人は肌の色が白い。でも、大島の人間は日焼けして真っ黒だと自分たちを笑う女子高生達。そんなときも、「島人だからさあ、真っ黒なんだよね」という。ちょっと待ち合わせ時間に遅れてきたときも「島人だからしようがないよねえ」って言う。

東京の人っていろんなこと知ってる。でも自分たちがけっこうものを知らないってことがある。すると、「島人だからね、しらねえんだよ」で済ましてしまう。東京行ったときに「アレ何?これ何?」って指差して、「恥ずかしいから止めなさい!」って言われても「だって島人だからねえ」となる。島では普段電車に乗らないから、つい、電車で隣の人の漫画や雑誌とか覗き見しちゃったりしてしまってにらまれたときも、後で「島人丸出ししゃん」と笑い合う。

女子高生達によると、島人は「とにかくあったかい」、「めっちゃフレンドリー」、「元気」、「高校生はとにかくお店の人に食べ物貰ったり、みんなに優くされる」。「いきなり、オレンジくれたり、優しいおばちゃんやばーい」という。島人の話になるとなんとも盛り上がる。

レッツゴーおじさん:夜祭りでビールを必ずいっぱい持ってきて、「そーれ、レッツゴー、よいよいよいー!」って騒ぐ。
挨拶しないと怒るヘルメットおじさんもいる。

 

 

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。