838年神津島天上山の噴火では白い降灰が大島全域を覆いました。中でも大島温泉ホテル駐車場の露頭では1cmほどの白い流紋岩の層がはっきり確認できます。

 

降下堆積物の露頭

 

関連情報


  • 「温泉ホテル駐車場-降下堆積物の露頭」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

温泉ホテルからは、三原山・櫛形山・白石山・カルデラ・裏砂漠を北側から見渡すことができます。また、B火口列と溶岩の全体像がみられます。

温泉ホテルの駐車場では、カルデラ形成期後の降下スコリア堆積物と外来流紋岩質火山灰(神津島838年)の地層を観察することができます。

 

交通


大島バス三原山ライン「三原山温泉」停下車、徒歩1分。「三原山温泉」停と、元町港、岡田港間の所用時間は、おおむね18分。
出帆港(大島では元町港か岡田港に客船が発着する。波風によって当日の朝発表される)によっ「三原山ライン」の出発、到着先が変わるので注意。
季節により、運行時間が違うので、時刻表等の確認が必要。出帆港で、路線図と時刻表が配布されている。
問い合わせ
04992-2-5522

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.