山頂口からカルデラ内舗装道路を登りきった終点が火口展望台です。1986年の噴火後に建て替えられました。三原山はどこでも360度の大パノラマです。ここが火口との初顔合わせの場所です。お手洗いはここが最後で、大島温泉ホテルまでありません。

 

火口展望台

展望台からの眺め

 

関連情報


  • 「火口展望台-三原山山頂火口」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

火口展望台では360度の風景を楽しむことができます。写真の手前に広がるのは大部分が1986年の溶岩、左端の高まりはB火口、その右側が剣ガ峰、その右側の一番高いところが三原新山です。

火孔は正面右よりの窪んだところにあります。

展望台の西側には、カルデラ・外輪山・伊豆半島・富士山などがみえます。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.