関連情報


  • 「遊歩道分岐点-剣ガ峰展望」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

剣ガ峰付近の火口内壁には、節理構造の亀裂や堆積物の隙間などが多くあり、そこから1年をとおして噴気を噴出しています。噴気は、雨水や地下水が地下で熱せられて水蒸気になり、岩石の隙間を通って地表に出て冷やされ、水滴になったものです。

特に、気温が低くなる冬には、多量の白い噴気が立ち上ることが多くなります。

有毒な火山ガスは観測されていません(2011年1月現在)。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.