2013年1月19日(土)~20日(日)、「伊豆大島ハッカソン&マッピングパーティ」が開催された。島外からはわが国GIS業界を代表する精鋭のハッカー、マッパー、エディターの方々が、島内からはネイチャーガイドや観光協会の方々が、元町港客船ターミナル2Fに大集合。集中合宿形式でGISやGPSを使ったアプリケーションや電子地図づくりに取り組んだ。

 昨年秋から取材活動に取り組んできた高校生記者がこのイベントに突撃取材。最初は未知の種類?の人々との交流にためらいを見せていた記者たちも、次第に打ち解けていった。

■やや緊張気味の高校生記者たち

 今回のイベントのコーディネーターをつとめるGeoRepublicJapanの関治之氏へのインタビューも実施。バンドマンからIT企業代表に転身した関氏の働き方、生き方に、高校生記者たちも強い感銘を受けたようだ。関氏も高校生記者の率直で本質をついた取材に感激したようで、お互いにいい刺激をあたえあった。

■関氏インタビュー

■ハッカー、マッパーの皆さんに挨拶

 

■最後は笑顔!

※詳細は高校生記者による取材記事(後日配信予定!)をごらんください。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.