関連情報


  • 「1986年A溶岩-新旧溶岩上の植物遷移」(伊豆大島ジオパーク公式サイト/伊豆大島ジオパーク推進委員会)

1986年溶岩流一帯では、植物の一次遷移の初期を観察することができます。伊豆大島では1986年噴火の1年後にハチジョウイタドリが確認されました。ハチジョウイタドリは溶岩の隙間に侵入して分布を広げ、自身の落とした葉で土を作ります。その土にススキなどが繁殖します。隣接する1951年や1777~1778年溶岩流一帯では、遷移が進んでいて、植生の違いがよくわかります。

このサイトに掲載している情報は、個別の注記事項がない限り、クリエイティブ・コモンズ-表示 2.1 日本 ライセンスの下で利用可能です。詳細は「著作権・ライセンス」を参照してください。

また、このサイトに掲載している情報はOpen Database License (ODbL) v1.0の下でも利用可能です。

© OpenStreetMap contributors.