Categories
伊豆大島

本島から大島までの交通手段

伊豆大島は伊豆諸島でもっとも本土に近いため、交通手段や発着地も豊富です。東京・竹芝港をはじめ各地の港から出発する客船・ジェット船のほか、調布飛行場からは飛行機で行くことも可能です。

大まかには次の3種類あり、それぞれ所要時間や出発地、費用が異なります。また、船で行く場合は往復の船とレンタカーがセットになった便利なツアーもあります。

伊豆大島までの行き方① 東京・竹芝港・横浜港から出発する船で行く

竹芝港・横浜港からは、夜発の客船「さるびあ丸」(大島まで最短6時間)、もしくはジェット船(最短1時間45分)で大島にアクセスできます。

夜に都心を出発し、早朝に大島着の船旅。途中の夜景や星空も楽しめ、船旅ならでは醍醐味が味わえます。到着する港は2つあり、当日の天候等によって決められます。北部の岡田(おかた)港、西部の元町(もとまち)港のどちらかになります。さるびあ丸は岡田港着となる場合が多いです。行きは船内アナウンスで、お帰りの際は島内放送やお泊りのご宿泊施設にご確認ください。
東海汽船HP「本日の運行状況」のページからも確認可能です。

ジェット船と同時期の運賃は、2等が4,000~5,000円台と格安です。

伊豆大島までの行き方② 竹芝港・横浜港以外の港から高速ジェット船で行く

伊豆大島へは、竹芝港・横浜港以外からも次の港からジェット船が出ています。高速ジェット船だと揺れが少なく、快適な船旅が楽しめます。何より、1時間以内と所要時間がかなり短いのが魅力的です。日帰り旅行もできますね。

料金は時期により変動しますが、ピークの夏場で片道7,000~8,000円台です。

・熱海港から 所要時間:最短45分

・久里浜港(※期間限定)から 所要時間:最短1時間

・伊東港(※期間限定)から 所要時間:最短35分

伊豆大島までの行き方③ 調布飛行場から飛行機で行く

大島へは実は、調布飛行場発の飛行機でもアクセスできます。調布飛行場からは毎日、伊豆諸島に向けてプロペラ機が飛んでいるのです。こちらの飛行機はずっと比較的低く飛行するので、景色も間近に見えて子供にも人気です。到着は伊豆大島北西の、島唯一の空港「大島空港」へになります。

所要時間は驚異の速さの25分。ただし料金が大人12000円と割高ですが、往復で22,400 円

になる割引もあります。通常は午前と午後の1日2便ですが、時期によっては1~2便増えることもあります。

料金・時間はこちらから確認できます。

NCA新中央航空株式会社

https://www.central-air.co.jp/fare.html
Categories
伊豆大島

伊豆大島で見逃せないスポット5選

1.趣のある波浮港(はぶみなと)

伊豆大島の南端に位置する小さな港、「波浮港(はぶみなと)」。元は遠洋漁業の中継基地として栄えた漁港です。その昔に起きた噴火によってできた火口湖が、地震の大津波によって海とつながり、その場所に造られました。

見所は、大正時代の趣たっぷりの建物や、石畳の坂道。

川端康成の「伊豆の踊子」の舞台になった「旧港屋旅館」は無料見学もでき、踊り子人形を観る事もできます。川端以外にも、明治・昭和の多くの文人らがここを訪れ、多くの作品を残しています。

2.火山について知れる、伊豆大島火山博物館

「伊豆大島火山博物館」は、世界でも珍しく、火山をテーマにした博物館です。

三原山をはじめとし、世界の主要な火山の歴史や成り立ちについての展示がされており、火山に関して深く知ることができます。

また、実際に地底内を歩いているような疑似体験ができるシュミレーターカプセルもあります。こちらは子供にも人気です。そして映像ホールでは、噴火の様子を観ることができます。

あらかじめ知識があると、実際に土地を散策したときの感じ方も変わってきますね。ぜひ、ハイキングや観光の前に訪れて見てください。

3.まるでハワイ?東京都立大島公園

大島の東部に位置する「東京都立大島公園」は、自然豊かな都立公園です。園内には島独特の自然環境を生かした様々な施設が設置されています。椿園や動物園のある大島公園地区と、キャンプ場のあるゴゼ川地区の大きく2つの地区に分かれています。327ヘクタールという広大な面積を誇ります。

公園の北側には、有名な椿園を含む植物園があります。亜熱帯の植物が植えられている広場もあり、南国気分が味わえます。

平成28年に国際優秀つばき園に認定された椿園は、東京ドーム1.5倍という日本最大の規模です。

4.日本唯一の砂漠、裏砂漠

三原山の東側に広がる「裏砂漠」は、日本の地図上で唯一「砂漠」と記される貴重なスポットです。

幾度も噴火が繰り返され形成されたこの裏砂漠は、普通の砂漠とは違い、表面が黒っぽくなっています。トレッキングもできるので、ぜひ歩き回って見ましょう。黒い砂漠の向こうに広がる海。ここでしか味わえない、なんともユニークな景色が見れます。

5.火山ならでは、地層切断面

「地層切断面」は、昭和28年の大島一周道路の建設工事中に偶然発見されました。

島の南西部、沿岸を行く大島一周道路を走っていると、突如、異様な地層の縞模様が目の前にあらわれます。高さ約24メートル、長さ630メートルの地層を眺めると、地球の雄大さを感じられます。

Categories
伊豆大島

伊豆大島でのオプショナルツアー

1.椿油しぼり体験

島の名産である植物「椿の実」から搾油ができます。

期間:7月~9月

費用目安: 2100〜2700円

催行会社:オリオンツアー等

2.体験ダイビング

美しい海の生き物や大島の海中の変わった地形を間近で楽しめるダイビングツアー。ダイビングのライセンスを持つ人向けのものから、ダイビングが初めてでも水着さえあれば参加できるツアーもあります。必ず、自分のレベルに合ったものに参加しましょう。講習を受けた後、インストラクターが海中散歩に案内します。

期間:7月~9月

費用目安:12,000円

催行会社:オリオンツアー等

3.シュノーケリング体験

透明度の良い美しい海で気軽に始めるシュノーケリング体験。

期間:7月~9月

費用目安:5,000円

催行会社:オリオンツアー等

4.ガイドと歩く! 一味違う三原山

大島といえば、三原山。ガイド付きのハイキングツアーに参加して、山歩きをより深い体験にして見ましょう。宿または港 ~ 三原山頂口 ~ 三原神社 ~ 火口展望台 ~ 表砂漠 ~ 三原山頂口 ~ 宿または港といった王道コースを楽しめます。

期間:7月~9月

費用目安:4,320(子供)〜5,400(大人)円

催行会社:オリオンツアー等

※天候や参加者の体調に合わせて最適なルートに変更する場合があります。

5. Mashio Hotel & Resort 自然体験プログラムツアー

伊豆大島の山の中腹に位置するMashio Hotel & Resort では、自然を楽しめる独自の体験ツアーを用意しています。

・マウンテンバイク ダウンヒル

三原山の山頂まで車で登り、そこからマウンテンバイクで一気に下る大迫力のツアーです。高速で自然の中を走り抜ける、とても爽快なツアーでダウンヒルの虜になります。 自転車に乗れる方なら誰でも参加可能です。初心者にも丁寧にゆっくりと指導してもらえるので安心です。

・三原山トレッキング

伊豆大島のシンボル、 三原山。実は、遊歩道を30分も歩けば、意外と簡単に火口に到着しできます。トレッキングに参加して、火山の迫力を気軽に味わって見ましょう。

また、三原山の東側には日本で唯一「砂漠」と地図に記される「裏砂漠」があります。ここを歩くのも面白いですよ。

所要時間2時間のショートコースから、3.5時間の半日ツアー、7時間のワンデイツアまであるので体力に合わせて選べます。(四季折々の三原山の大自然を一番堪能できるのはワンデイツアーです)。また、バードウォッチングコース、宝を探してまわる三原山宝探しコース、現在は廃道となっている旧登山道の森の中を歩く廃道フォレストウォーク等、テーマ別のコースも用意されています。

Categories
伊豆大島

2020年オススメの日本人向けオンラインカジノ5選

  1. Casino-x
  • 初回入金ボーナス:初入金5回で合計20万円/ ボーナス+200フリースピン/ダブルコンプポイント+キャッシュバック2%
  • 登録すると200回フリースピンがもらえます。
  • 日本円のままプレイ可能です。
  • 利用額の10%がキャッシュバックされます。

ボーナス重視の方におすすめのカジノサイトです。ライバルのプレイも見れるのが何とも楽しい、ヨーロッパで大人気のオンラインカジノが日本に上陸しました。

  1. CASINO SECRET

初回入金ボーナス:$500初回入金キャッシュバック/ 2回目以降の入金からはインスタントキャッシュバックが利用できる

  • 自動キャッシュバック可
  • 日本限定トーナメント
  • ジャックポットゲーム
  • 入金は$10から可能
  • ドル(USD)のみ対応

圧巻の2000種類以上のゲームがプレイできます。トバカラルーレットブラックジャックなどのおなじみのテーブルゲームから、最新技術満載のビデオスロットまで、幅広く楽しんでいただけます。

  1. カジ旅

初回入金ボーナス: $400までのボーナス+200フリースピンもしくは最大1000フリースピン

  • RPG&SNSの要素があるカジノ
  • ハイクオリティのグラフィック
  • ヨーロッパで知名度が高く、信頼性あり
  • 素早い出金
  • クレジットカードで入金可能
  • ボスに勝利する毎に遊べるゲーム有り

日本初のRPG型オンラインカジノ。その新しいプレイスタイルが魅力的です。スロット、バカラ、ブラックジャックやルーレットなどライブカジノも、また、世界中の宝くじを楽しめるカジ旅ロトも楽しめます。

  1. CHERRY CASINO
  • 初回入金ボーナス:入金1回目100%500ドルまで/ 入金2回目100%500ドルまで
    Visaのクレジットカードで入金可
  • 24h365日利用可能なサポート
  • チェリーカジノTVという動画で、人気のゲームやボーナス制度について簡単に学べる
  • 世界中の試合にベット可能

初回購入ロトが一枚も当選しなかった場合、該当チケット額が100%キャッシュバック

1963年創業の会社が運営する老舗カジノです。サイト自体は2000年にできました。創造性と新しさに富むカジノに贈られる「ベストオンラインゲーミングオペレーター」賞を3年連続で受賞しました。

  1. Wunderino
  • 初回入金ボーナス: 最高$200ボーナス+30回キャッシュスピン
  • 沢山あるトーナメントが楽しい
  • スロットゲームは1000種類以上
  • シーズンチャレンジは賞金500万円以上
  • 素早い出金
  • 簡単にモバイルプレイが可能
  • サポートは日本人によるものでハイクオリティ

カジノとアドベンチャーゲームが組み合わされた、全く新しいオンラインカジノです。
プレイヤーはレベルを上げることで高額な賞金を得ることができるだけでなく、更に難しいレベルのゲームに挑戦できます。また、他の魅力として、シーズンイベントや毎日あるトーナメントなどがあります。飽きずに楽しめるコンテンツが満載です。

Categories
伊豆大島

伊豆大島でオススメの宿泊施設

伊豆大島への交通手段は飛行機か船のみのため、特に北部と北西部などの港や空港周辺に宿泊施設が集中しています。また、ホテルだけでなく、B&Bスタイルの民宿も人気です。

1.伊豆大島 ホテル&リゾート マシオ

全3室の極上の贅沢を味わえるリゾートホテルです。ロケーションは、太平洋を見下ろす、花々に囲まれた山の中腹。全室オーシャンビュー、貸し切りの露天風呂、伊豆大島の新鮮食材を使ったおいしい創作料理が楽しめる人気の宿です。また、大島ならではの椿オイルを使ったエステ、大島牛乳のバターミルク風呂なども堪能できます。フィールドではトレッキング、マウンテンバイク、ヨガ、ナイトウォーク等、アクティビティも豊富に用意されています。もちろん、マリンでは体験〜本格ダイビング、シューケリングやフィッシングも楽しめます。大島を存分に味わいつくせ、ゆったりとリゾート気分に浸れる贅沢な宿です。

2.天然温泉の宿 ホテル白岩

こちらのホテルは、ナトリウム塩化物泉で少し塩辛い味のする、昭和61年の三原山大噴火の際に流出した温泉が評判です。伊豆半島や富士山まで楽しめる、景色の良い大浴場には御影石、十和田石が贅沢に使われています。また冬には椿が咲き誇り、それに因んで「白椿の湯」「紅椿の湯」というお風呂もあります。

魚介類や椿油のフォンデュ、手作り豆腐等の大島ならではのお料理も美味しいです。2食付で、一泊15000円前後とリーズナブル。夜には星空も楽しめます。

3.でんハウス

昨今流行りの、古民家をリノベーションしたスタイルの貸し切りの宿です。よく手入れされたお庭に、広々として使い勝手の良いキッチンもつき、まるで暮らしているかのように滞在できます。元町港より車で約3分とアクセスも大変いいです。

4. 温泉民宿 大陣

元町港から徒歩でもアクセス可能なこちらの宿は、民宿にも関わらず、設備は普通の旅館並です。お料理も充実していて、椿の天婦羅、明日葉のおひたし、明日葉の味噌汁、鯵の開き、トビウオの刺身等、魚介を中心とした大島の郷土料理のフルコースがいただけます。温泉もついており旅の疲れが取れます。事前予約すれば港までお迎えに来てくれます。

5. ふれあい民宿 椿山

アットホームで素敵な宿です。元町に近い「大島一周道路」沿いにあります。刺身や天ぷら等の料理もクオリティが高いと口コミで広まっており、雰囲気もいいと評判の民宿です。大人1名6000円〜とリーズナブルに泊まれます。

Categories
伊豆大島

伊豆大島の夜にオススメの観光スポット

1.三原山の夜景

三原山は実は、伊豆大島唯一の夜景スポットです。昼間は沢山の観光客で賑わっていますが、夜には地元の人御用達の、雰囲気満点のデートスポットに様変わりします。伊豆大島の3つの市街地である元町、岡田、波浮の、決して派手では無いものの、独特な味わいのある美しい夜景が楽しめます。運がよければ、静岡県の伊豆半島の灯りも見えます。車でアクセス可能です。自転車でも行けないことはないですが、少し大変かもしれません。

2.星空鑑賞

一応は東京都内となる大島ですが、市街地は小規模なため、とても綺麗な星空が鑑賞できるスポットがあります。1つは、島の北西に位置する「野田浜」。このビーチと、島の西部の元町港を結ぶ5kmほどの海沿いの道「サンセットパームライン」は、夕日が美しいことでも有名です。海岸に沈む夕日を楽しんだ後には、きらめく星空が姿を現します。2つ目は、これまた三原山。夜景も美しいのですが、麓にある大島温泉ホテルの屋上の展望デッキ「三原山テラス」からは、三原山の後ろに広がる雄大な星空が楽しめます。

また、七夕の夜には東海汽船株式会社が期間限定でスペシャルプラネタリウムクルーズが開催される事もあります(最新情報は要確認)(※東京浜松町にある竹芝桟橋からの出航です)。

3.Bar Futaba(フタバ)

伊豆大島の中心、元町港の近くにあるショットバー。ゆったりとしたジャズが流れるムード溢れるお店です。大島は居酒屋はありますがお洒落なバーは少ないので希少なスポットと言えるでしょう。10種類以上のビール、100種類以上のカクテル、30種類以上のウイスキー、ブランデー、ワイン、スパークリング、伊豆七島の地酒等、豊富な種類のお酒が楽しめます。三原山に因んだ名前のオリジナルカクテル「三原」は、大島の焼酎がベースになっています。ビーフシチューやピザ等の軽食もあり、十二分に楽しめます。また、カクテル700円〜、ビールは600円〜と、価格もリーズナブルです。昼間はカフェ営業になります。

4.ナイトラウンジ宮殿こちらは男性向けのお店になってしまいますが、伊豆大島唯一の、ラウンジスナックです。元町港から徒歩で3分とアクセスも良く、カラオケもあり、女性と一緒に歌って飲んで楽しめるお店です。アットホームで、本島とはまた違った雰囲気で、まったりした時間が過ごせる事間違いなしです。島ぽ通貨も利用できます。

Categories
伊豆大島

伊豆大島でオススメのレストラン

  1. 季まま亭

ジャンル:洋食

予約:04992-2-2400

定休日:火曜・第3月曜

店主が育てる美しい季節の花のガーデニングに囲まれた素敵な洋食屋さん。店内はカウンター席も含め席数もたくさんあり、おひとりさまでも、グループでも楽しめます。お店の外観・内装・器までこだわった雰囲気も抜群のお店です。新鮮な野菜が使われた軽食が楽しめます。

  1. 伊豆大島元町港客船待合所レストラン いずしち丸

ジャンル:定食・食堂、寿司、ラーメン

予約:予約不可

定休日:定期船入港日以外は休み

岡田港ターミナルの1階にある食堂です。乗船窓口、土産売り場と同じフロアにあります。出港前は混んでいますが、かなりリーズナブルな値段で大島の郷土料理であるべっこう寿司や明日葉そば、おにぎりに加え、塩バターラーメン等も食べられます。気軽に寄れる割りには料理のクオリティが高いと評判の食堂です。

  1. 港鮨

ジャンル:寿司、魚介料理・海鮮料理、郷土料理(その他)

予約:04992-4-0002

定休日:火曜日

店の目の前にある波浮港(はぶみなと)から揚がった新鮮な海産物を楽しめる寿司屋さんです。地魚にぎりや、数量限定の伊勢海老天丼は大人気メニューです。また、オリジナルサイドメニューも豊富です。もちろん、大島名物のべっこう寿司もあります。カウンター席や座敷もあります。人気店のため混んでいる事も多く、予約でいっぱいになることもあるので気をつけてください。

  1. カレーハウス木里吉里

ジャンル:カレーライス

予約:080-3409-9356(前日までの完全予約制)

定休日:不定休

オーガニック食材や伊豆大島の素材を中心に、素材にこだわった自家製カレーライス屋さんです。ロケーションは山の中で少しわかりづらいのですが、その分雰囲気も良く、料理も美味しいので行く価値は有ります。料理だけでなく器も手作りの、愛情とこだわりの詰まったお店です。カレーやピザ、サラダも美味しいと評判の隠れ家的なスポットです。ナンも食べれますよ。

  1. らぁ麺 よりみち 伊豆大島

ジャンル:ラーメン、居酒屋・ダイニングバー

予約:予約不可

定休日:木曜日

波浮港(はぶみなと)にある中華そば専門店です。ひっそりとした隠れ家風のお店で、どこか懐かしい淡麗系の細麺ラーメンが食べられます。豚鳥のガラ出汁の黄金スープに国産小麦の麺の相性がバッチリです。また、オリジナルの「ゴジらーめん」は辛い物好きには大人気。熟成させた島唐辛子と島海苔使われており、ガラ出汁の旨味の後に辛さがじわじわやってきます。

Categories
伊豆大島

大島の豆知識

  1. 伊豆大島には次の2つの出帆港があります。

2つの港は、天候等によって使い分けられているので、来島の際は事前に調べる等、ご注意ください。当日の出帆港については、東海汽船サイト内「本日の運航状況」または、電話にて確認可能です。

北の玄関口 岡田港

西の玄関口 元町港

本日の運航状況(東海汽船サイト内)

04992-2-5522
(受付時間 7:30~大島最終便出航まで)

また、東京発の高速ジェット船の就欠航については専用電話でも確認可能です。

03-3433-2101
(受付時間 6:00~8:00)

2.東京からは30分以内で行ける

伊豆大島へは東京・竹芝港・横浜港等から船でアクセス可能ですが、伊東港から高速ジェット船を利用すると35分、調布飛行場から飛行機で行けば、なんと25分でたどり着くことができます。

3.実はそこまで大きくない

「伊豆諸島最大の島」である伊豆大島ですが、実はフルマラソンで一周できるくらいの大きさです。島一周は約40㎞しかないので、車なら1時間30分もあればまわれます(ただ、周回道路の高低差は400m~500mにも及びます)。また、面積は約91.06㎢で、山手線内の1.5倍程になります。地形を活かしたダイナミックなサイクリングが楽しめることから、ロードバイク乗りには人気のサイクリングスポットです。

4. 大島は2007年に、「地質学的にみた日本の貴重な自然資源を観測できる」計120ヶ所が選定されている「日本の地質百選」に選定されました。またその後2010年には、世界自然遺産と並びユネスコが支援する「日本ジオパーク」に認定されました。関東でははじめてのことです。

5. 大島は実は島全体が、火山の一部なのです。

大島は海底からそびえる活火山、伊豆大島火山の陸上部分で、有名な三原山は山頂カルデラ内の中央火口丘にあたります。ハワイのキラウェア火山、イタリアのストロンボリ火山とともに世界3大流動性火山と言われています。三原山は100年から150年の周期で大噴火しており、所々、火山活動の跡が見られます。内輪山・外輪山があり、1986年には、外輪山外側の山脈からも溶岩が流れ出し、集落から約3㎞にまで迫る大噴火もありました。

6. 日本で唯一の砂漠がある

大島には、日本では唯一国土地理院が発行する地図で「砂漠」と表記されている場所「裏砂漠」があります。位置は、大島中央にある三原山の東側一帯です。そこにはスコリアと呼ばれる黒い火山岩で地表を覆われた「裏砂漠」が広がっています。大島は富士箱根伊豆国立公園の一部とされ、「裏砂漠」周辺は特別保護地区として車両の乗り入れが禁止されています。砂漠の向こうに広がる海という、不思議な光景が満喫できるスポットです。

Categories
伊豆大島

大島で見逃せないスポット5選

1.三原山ハイキング

伊豆大島のシンボル「三原山」。標高758mの、島で最高峰の山です。この「三原山」は実は世界でも有数の流動性火山でもあり、過去に周期的に比較的大きな噴火を起こし、形を形成してきました。周辺では、四季折々の花々も楽しめます。山は表面が起伏に富み、ゴツゴツしています。ハイキングコースはお手軽コースや火口を一周巡るコースが選べます。

三原山の火口を一周する“おはち巡りコース”は、約45分かけて火口を一周します。約2時間ほどのコースで、砂利道もあるので、しっかりと準備をして挑みましょう。

より初級の散策コースとしては、山頂の遊歩道から火口展望台まで行き、そこから約0.4㎞、10分の火口見学道(舗装道路)を散策しつつ噴火跡を見るというのもいいでしょう。

2. ダイビング

伊豆大島の海は透明度も高く、また、海中には火山が作り出した独特の地形があり、絶好のダイビングスポットになっています。大島ではビーチダイビングが主流で、それぞれ特徴のことなる5つのビーチポイントでダイビング可能です(一年を通じて24時間いつでも潜水可能)。島影になるポイントは天候の影響も比較的少なく潜れることが、大島ダイビング最大の魅力です。ダイビングスポットは、「秋の浜」、「野田浜」、「ケイカイ」、「王の浜」、「トウシキ」の5つです。

3. 温泉

活火山の島である伊豆大島には温泉が豊富です。海を目の前に、または三原山を背景に、満点の星空とともに。雄大な自然を感じながら、のんびりと入浴できる大島の温泉は最高です。いくつか施設があるので、色々試してみるのもおすすめです。

4. キャンプ
自然が豊かな大島は、キャンプをするにもピッタリです。

「トウシキキャンプ場」では、水周り含め、設備込みですべて無料で利用することができるのが魅力的です。トウシキ遊泳場、椿並木といった観光スポットが近くにあります。海ではシュノーケリングも楽しめます。

「海のふるさと村」では、よりダイナミックな自然が楽しめます。宿泊費はお手頃ですが、施設はフリーテントサイト、デッキテント、ロッジと十分です。近くには、裏砂漠や大島公園動物園といった観光スポットがあります。

5. 椿花ガーデン

椿花ガーデンでは、大島のシンボルであり日本一早く咲くヤブ椿から、園芸種までの様々な椿、また、紫陽花等の四季折々の花々を楽しめます。春には「椿まつり」が開催されています。ガーデン内の富士見の丘からは正面に富士山が見えることも多く、訪れるだけで癒される場所です。